在日米海兵隊について

在日米海兵隊の地域での役割と活動

沖縄は太平洋における戦略的シーレーンに近接しており、地理的に重要な位置にあります。

在日米海兵隊は海兵隊の部隊の中で唯一海外に前方展開していて、即応機動部隊としてインド太平洋地域で紛争が発生した場合、迅速に展開できるよう即応体制維持の重要な役割を担っており、その施設は前進基地として多大な能力を有し、前方補給地としても仕えています。

在日米海兵隊は地域の人々の支援を惜しまず、インド太平洋全域での人道支援および災害救援活動において重要な役割を担ってきました。

また様々な国々との合同訓練や民事活動プログラムも行っていて、地域の繁栄と安定を維持し、平和の強化にも役立っています。

そして日本にあるすべての米海兵隊の施設管理や人員管理などの後方支援任務を行っているのが米海兵隊太平洋基地で、指揮下には日本のみならずハワイ基地や韓国のムジュク基地も含まれます。

米海兵隊太平洋基地の指揮系統