普天間航空基地司令官

デイビッド・スティール大佐

デイビッド・スティール米海兵隊大佐


1995年、ジョージ・メイソン大学を卒業。

1996年、基本学校を修了。

1997年、基本飛行訓練を修了し、海軍パイロットの指定を受ける。

1998~2002年、最初の艦隊任務としてカリフォルニア州キャンプ・ペンドルトンの第169海兵軽攻撃ヘリ中隊(HMLA)に配属。この期間、部隊展開プログラム(UDP)の一環で沖縄や第15海兵遠征部隊(MEU)に展開し、任務部隊(Task Force)58を支援すべくアフガニスタンに展開。

2002年5月~2004年10月、AH-1Wパイロットの教官としてHMT-03に配属され、品質保証士官やAH-1Wの海軍航空訓練・操作手順標準化(NATOPS)の士官を務める。

2004年11月、バージニア州クアンティコの海兵隊ヘリ中隊(HMX)ワンに配属され、VH-3D, VH-60NやCH-46Eを飛行。スティ―ル大佐はホワイト・ハウスの渉外士官や指揮操縦士を務めながら、大統領の出張先での現地事前調整、副大統領や2008年にベネディクト16世法王のニューヨーク訪問を含む複数の政府高官の飛行を担当しました。

2008~2011年、スティ―ル大佐は第169海兵軽攻撃ヘリ中隊(HMLA)に配属され、三年の期間中、中隊の兵站士官、整備士菅や副司令官を務め、二度に渡り「不朽の自由」作戦を支援すべくヘルマンド、アフガニスタンへ展開しました。

2011年7月、ジョージア州ロビンス空軍基地の第49海兵航空群の副司令官として勤めるまで間、スティ―ル大佐は基本学校に戻り、アラバマ州モンテゴモリ―にある航空戦闘大学で戦略研究で修士号を取得。卒業後、フロリダ州タンパのアメリカ中央軍に配属され、訓練・演習部(CCJ7)において中央アジア部長を務める。昇進が決まり、スティ―ル大佐は第三海兵遠征軍(III MEF)のG37に配属され、部長を務める。

スティ―ル大佐はパイロットとして複数の航空機種を4,000時間以上飛行。

これまで防衛功績章、功績章(3度)、航空章(ストライク・フライト10)、海軍・海兵隊功績章、海軍・海兵隊功労章、他、多数受章している。


普天間航空基地