キャンプ・キンザー基地司令官

オーマー・ランダル大佐

オーマー・ランダル米海兵隊大佐


1996年、コネチカット大学を卒業後、少尉に任官。

基本学校と兵站士官課程を終了後、第1上陸支援大隊に配属され、作戦担当副官、兵站副官および上陸支援小隊長を兼任。

1999年6月、西大西洋地域への派遣プログラムWESTPAC-00の一環で第13海兵遠征部隊の部隊支援輸送支援分隊長に就任。

2001年3月、カルフォルニア州サンホセの第4航空輸送小隊および海岸兼ターミナル運用A中隊で勤務。航空輸送検査官兼指導教官および中隊検査官兼指導教官を兼任。「イラクの自由作戦」から帰任後、バージニア州クアンティコの海兵隊大学遠征部隊学校に入学。

2005年5月、海兵隊大学を卒業後、ノースカロライナ州キャンプ・レジューンの第2海兵連隊第1大隊で大隊兵站士官を拝任。

2005~2007年、「イラクの自由作戦」支援のため、第22海兵遠征部隊大隊上陸チーム兵站士官として派遣。帰任後、第2海兵師団司令部で勤務。同部より3度目となる「イラクの自由作戦」(2006~2008年)への派遣があり、大隊兵站士官および司令部中隊長を兼任。帰任後、バージニア州クアンティコの海兵隊指揮幕僚大学に入学。

2009年6月、海兵隊指揮幕僚大学を卒業後、兵站計画部門の統合兵站プランナーや、米中央軍司令部兵站施設部長に就任。

2012年6月、第31戦闘兵站大隊長に昇任。フィリピンでの人道支援「ダマヤン作戦」など、複数の派遣任務に従事。

2014年6月、海兵隊総司令官最上級校フェローに選出され、米国国際開発庁に勤務。スリランカ、モルディブ、ネパールの担当士官を拝任。

2015年4月、ネパール大地震では、担当指揮官として救援業務の省庁間の調整を担当。

2015年6月、最上級校フェローとして海兵隊総司令部に勤務し、施設および兵站部門を担当、兵站計画および運用部門を指揮。

2017年6月、第3海兵遠征旅団G-4(兵站)次長を拝任。インド太平洋地域において複数の派遣任務に従事。

2018年7月、第37戦闘兵站連隊長に就任。

2019年6月、現職であるキャンプ・キンザー基地司令官に就任。

キャンプ・キンザー