ホームニュース
ニュース検索
ニュース
海兵隊員が地域のためのボランティア活動

By Ike Hirayasu | U.S. Marine Corps Forces, Japan | July 14, 2021

SHARE

気温35度近くの炎天下の下、米海兵隊基地キャンプ・ハンセンから14名の隊員がボランティアで町内の草刈り作業を行いました。

今回の作業に参加した隊員らは、米海兵隊基地ハワイから6か月の短期任務で沖縄に派遣されていて、1か月前に沖縄に到着した部隊の隊員たちです。

部隊が地域でのボランティア活動に参加するのは今回が2回目で、数日前の土曜日には、休日返上で20名の隊員が嘉芸こども園で美化活動を行ったばかりでした。

部隊牧師のマキャシー海軍大尉は地域活動に積極的で、自ら嘉陽基地渉外官に連絡し、今回の作業を取り付けました。

彼は「地域のために何かできればと、隊員らを引き連れて来ました。日差しは強いのですが、頑張ります」と説明していました。

隊員らは駐屯基地からほど近い、中川地区公民館の周辺や金武町立中川小学校への道のりでの草刈り作業に汗を流しました。

公民館の職員の説明では、「今回は、社協(社会福祉協議会)から話があり、公民館周辺の草刈りをしていただきました」と話していました。

金武町社会福祉協議会とキャンプ・ハンセンの関係は極めて良好で、嘉陽渉外官を通じてさまざまな機会で海兵隊から金武町へのサポートを提供しています。

美化活動に参加していた衛生兵は「天気の良い日に外出するのは楽しいし、地域のためにもなるし、それに草刈り機を使うので、万が一のことも考えて今日は参加しました」と白い歯をのぞかせていました。



SHARE