ホーム写真
Marines_MediaGallery
御殿場市内にある野菜畑で3月14日、キャンプ富士の海兵隊員たちは玉ねぎの苗を一つ一つ手に取り、畑に小さな穴を掘って苗を手作業で丁寧に植えつけ、作業後にみんなで記念撮影
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者38人が少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者30人以上が集まり、少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者30人以上が集まり、少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者38人が少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
キャンプ富士の隊員や従業員など120名余りが3月11日、日米両国旗を掲げ列を組んで東日本大震災追悼のランを行いました。
高橋一博2等陸曹がキャンプ富士で3月11日に行われた東日本大震災追悼のランの準備運動
キャンプ富士の隊員や従業員など120名余りが3月11日、日米両国旗を掲げ列を組んで東日本大震災追悼のランを行いました
宮城県気仙沼大島で2021年3月7日に執り行われた「トモダチ作戦」記念式典で献花するケーレブ・イームズ海兵隊少佐(手前)と米国大使館駐在武官のポール・バートック中佐
宮城県気仙沼大島で2021年3月7日に執り行われた「トモダチ作戦」記念式典
宮城県気仙沼大島で2021年3月7日に執り行われた「トモダチ作戦」記念式典に参加した、左から、ロバート・エルドリッジ博士、ケーレブ・イームズ海兵隊少佐
宮城県気仙沼大島で2021年3月7日に執り行われた「トモダチ作戦」記念式典に参加したケーレブ・イームズ海兵隊少佐
宮城県気仙沼大島で2021年3月7日に執り行われた「トモダチ作戦」記念式典に参加した、左から、ロバート・エルドリッジ博士、ケーレブ・イームズ海兵隊少佐、菊田玲子さん、菊田航さん
宮城県気仙沼大島で2021年3月7日に執り行われた「トモダチ作戦」記念式典では、大島の人々と在沖縄海兵隊との強い絆を称えるため、「絆を永遠に・・・萬謝(ばんしゃ)をこめて」と刻まれた記念碑
震災当時8歳だった菊田航さんが、宮城県気仙沼大島の実家の瓦礫をかき分けて貴重品を見つけようとしていた2011年4月3日の写真
少人数のグループに分けられたクラスで、出席者一人ひとりと会話形式で授業を進めるデイジー少尉、2021年3月9日、教育センター
キャンプ・シュワブで再開した英会話クラスで、出席者にあいさつを述べる先月沖縄に赴任してきたばかりのデイジー少尉、2021年3月9日、教育センター
キャンプ・シュワブで再開した英会話クラスで、出席者にあいさつを述べる先月沖縄に赴任してきたばかりのデイジー少尉、2021年3月9日、教育センター
セリナ2等軍曹がホワイトボードに英語でポピュラーな早口言葉を書き、参加者一人ひとりが挑戦しました、2021年3月2日、キャンプ・ハンセン教会内
セリナ2等軍曹がホワイトボードに英語でポピュラーな早口言葉を書き、参加者一人ひとりが挑戦しました、2021年3月2日、キャンプ・ハンセン教会内