ホーム写真
Marines_MediaGallery
辺野古老人会と海兵隊が共同作業
辺野古老人会と米海兵隊基地キャンプ・シュワブの独身隊員の会(日本の青年会のような自治会)が一緒になり、朝から今度の日曜日に行われるハーレー大会の会場となる周辺の草刈り作業におおわらわです。
辺野古老人会と米海兵隊基地キャンプ・シュワブの独身隊員の会(日本の青年会のような自治会)が一緒になり、朝から今度の日曜日に行われるハーレー大会の会場となる周辺の草刈り作業におおわらわです。
日本人の男の子がスプーンに卵を乗せて運んでいる側から海兵隊員が声援を送っています。
キャンプ富士でのイースターに招待され、海兵隊員らと一緒にイースターのイベントで、地元の男の子が海兵隊員と風船でできた刀で戦っています。
葛西正記第11管区海上保安本部長が伊江島灯台殉職者慰霊式のオープニングメッセージを読み上げる。
米海兵隊太平洋基地の政務外交部部長のダリン・クラーク米海兵隊大佐が、伊江島灯台殉職者慰霊式で花を手向ける。
日米関係者が4月21日に行われた伊江島灯台殉職者慰霊式に参列しました。
玉城デニー沖縄県知事と新里米吉沖縄県議会議長が伊江島灯台殉職者慰霊式に参列し、花を手向ける。
日米のボランティア53人が読谷村の瀬名波ビーチでゴミ拾いをし、最終的にゴミを155袋、24個のブイ、4つの漁網、12個のバケツなどの沢山のゴミを回収しました。
日米のボランティア53人が読谷村の瀬名波ビーチに集合し、大量のゴミを拾い集めました。参加した子どもたちも一生懸命ゴミ拾いのお手伝い。
米海兵隊基地キャンプ・バトラーで環境支援部スーパーバイザーを務めるギボンズさんが読谷村の瀬名波ビーチでゴミを拾っている中、大きなヤドカリを見つけて笑顔。
日米のボランティア53人が読谷村の瀬名波ビーチに集合し、大量のゴミを拾い集めました。参加した子どもたちも一生懸命ゴミ拾いのお手伝い。
沖縄県名護市辺野古にある米海兵隊基地キャンプ・シュワブでは16年前から地元住民を対象にした英会話クラスを無料で提供しています。
沖縄県名護市辺野古にある米海兵隊基地キャンプ・シュワブでは16年前から地元住民を対象にした英会話クラスを無料で提供しています。
2019年3月27日に今年度の修了式を迎え、出席率の高い23人の日本人が表彰されました。
米海兵隊基地キャンプ・シュワブ - 沖縄県名護市辺野古にある米海兵隊基地キャンプ・シュワブでは16年前から地元住民を対象にした英会話クラスを無料で提供しています。
沖縄県名護市辺野古にある米海兵隊キャンプ・シュワブでは16年前から地元住民を対象にした英会話クラスを無料で提供しています。
名護市教育委員会による表彰式が2019年3月25日(月)、中央公民館で執り行われました。
同じ会場で、名護市が支援する市内の小中学生を対象にした英語キャンプを運営するNPO団体から、先月行われた小学生英語キャンプに協力した功績が認められ、24人の海兵隊員や海軍兵が表彰されました。