ホームニュースメディアリリース
Press Releases Search
Press Releases
沖縄の海兵隊基地で警護演習

September 21, 2020

SHARE
米海兵隊太平洋基地では2020年9月21~25日の間、演習「コンスタント・ビジランス20」を実施します。

同演習は、米海兵隊太平洋基地に所属する海兵隊員、海軍兵、および民間人の即応性の向上を目的に実施されます。

米軍主導による同演習には、米海兵隊太平洋基地に所属する様々な部隊が参加します。

この演習では、事件対応手順を確認・精練し、危機対応時に隊員に求められる行動を訓練します。

演習の実施中、地域住民は隊員が行う保安訓練を目にしたり、防護装備を装着し、武器を携帯した隊員の様子がフェンス越しに見えるかもしれませんが、訓練用装備は常に安全に配慮した上で使用されます(武器に弾薬は装填されず、実弾射撃も行われません)。

また地域住民は、緊急サイレンが聞こえたり、銃撃や火災、または不審物対応訓練に参加する緊急車両を目撃する可能性もあります。

沖縄県内すべての基地において、この演習によるゲートアクセスへの影響はありません。

ただし、キャンプフォスター・ゲート7(海軍病院側)に関しては、爆発物処理演習が行われる9月22日午前10時から午後3時までの間、閉鎖されます。


U.S. Marine Corps Forces, Japan

SHARE