ホーム写真
Marines_MediaGallery
ビーチクリーンに参加したメンバーの集合写真。米海兵隊基地キャンプ・フォスターの海兵隊員ら約40人が、具志川ビーチで清掃活動を繰り広げました。
ビーチで拾ったペットボトル。米海兵隊基地キャンプ・フォスターの海兵隊員ら約40人が、具志川ビーチで清掃活動を繰り広げました。
海岸線の清掃活動でゴミを拾い上げる海兵隊員。米海兵隊基地キャンプ・フォスターの海兵隊員ら約40人が、具志川ビーチで清掃活動を繰り広げました。
幼児とハイタッチをする海兵隊員。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
バットを使ってラグビーボールを転がす海兵隊員。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
ムカデ競走で息が合わずに転ぶ海兵隊チーム。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
4X200メートルリレーで力走する海兵隊員。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
幼児の短距離走で商品を渡す海兵隊員。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
ムカデ競走でキャンプ・シュワブの海兵隊員と沖縄防衛局職員がチームを組む。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
開会式で辺野古区民と共に整列するキャンプ・シュワブと沖縄防衛局。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
ムカデ競走で息を合わせて前進するキャンプ・シュワブの海兵隊員。沖縄県名護市辺野古区で11月3日(日)、第46回辺野古区民運動会が区民運動場で開催され、米海兵隊基地キャンプ・シュワブと沖縄防衛局も招待され、参加しました。
ステージの上でダンスを披露する地元小学生。沖縄県浦添市にある米軍基地で10月26~27日、フェスティバルが開催され、約23000人の日米の観客が会場に足を運びました。
海兵隊の大型トラックに乗り込もうとする児童に手を差し伸べる海兵隊員。沖縄県浦添市にある米軍基地で10月26~27日、フェスティバルが開催され、約23000人の日米の観客が会場に足を運びました。
沖縄県浦添市にある米軍基地で10月26~27日、フェスティバルが開催され、約23000人の日米の観客が会場に足を運びました。
会場で隊員がかき氷や綿あめをふるまうテーブル。キャンプ・シュワブでは10月26日(土)、一足早いハロウィーン・パーティがUSO(米国慰問団)で開催され、200人以上の海兵隊のボランティアと400人以上の地元の親子が会場を埋め尽くしました。
キャンプ・シュワブでは10月26日(土)、一足早いハロウィーン・パーティがUSO(米国慰問団)で開催され、200人以上の海兵隊のボランティアと400人以上の地元の親子が会場を埋め尽くしました。
子どもたちにお菓子を配る海兵隊員。キャンプ・シュワブでは10月26日(土)、一足早いハロウィーン・パーティがUSO(米国慰問団)で開催され、200人以上の海兵隊のボランティアと400人以上の地元の親子が会場を埋め尽くしました。
USOが特大ハロウィーンケーキを提供してくれました。キャンプ・シュワブでは10月26日(土)、一足早いハロウィーン・パーティがUSO(米国慰問団)で開催され、200人以上の海兵隊のボランティアと400人以上の地元の親子が会場を埋め尽くしました。
子どもたちにお菓子を配るドラキュラ。キャンプ・シュワブでは10月26日(土)、一足早いハロウィーン・パーティがUSO(米国慰問団)で開催され、200人以上の海兵隊のボランティアと400人以上の地元の親子が会場を埋め尽くしました。
子どもたちにお菓子を配るボランティア。キャンプ・シュワブでは10月26日(土)、一足早いハロウィーン・パーティがUSO(米国慰問団)で開催され、200人以上の海兵隊のボランティアと400人以上の地元の親子が会場を埋め尽くしました。