ホーム写真
Marines_MediaGallery
社会福祉法人「沖縄県社会福祉事業団」と一般社団法人「沖縄県女性の翼」の代表が海兵隊基地内の礼拝堂で、教会員から寄せられた寄付を受け取りました、米海兵隊基地キャンプ・フォスター、2021年4月9日
社会福祉法人「沖縄県社会福祉事業団」と一般社団法人「沖縄県女性の翼」の代表から基地司令官のハモンド大佐に感謝状が手渡されました、米海兵隊基地キャンプ・フォスター、2021年4月9日
海兵隊基地の独身隊員の会に所属する隊員らが週末の休みを利用して残間岬を訪れ、残波岬灯台の見える周辺の岩場に隠れたゴミを拾い集めました、沖縄県読谷村残波岬、2021年3月20日
海兵隊基地の独身隊員の会に所属する隊員らが週末の休みを利用して残間岬を訪れ、観光がてらゴミ拾いを行いました、沖縄県読谷村残波岬、2021年3月20日
海兵隊基地の独身隊員の会に所属する隊員らが週末の休みを利用して残間岬を訪れ、残波岬灯台の見える周辺の岩場に隠れたゴミを拾い集めました、沖縄県読谷村残波岬、2021年3月20日
海兵隊基地の独身隊員の会に所属する隊員らが週末の休みを利用して残間岬を訪れ、残波岬灯台の見える周辺の岩場に隠れたゴミを拾い集めました、沖縄県読谷村残波岬、2021年3月20日
海兵隊基地の独身隊員の会に所属する隊員らが週末の休みを利用して残間岬を訪れ、観光がてらゴミ拾いを行い、終了時に記念撮影、沖縄県読谷村残波岬、2021年3月20日
海兵隊太平洋基地司令官のウィリアム・バワーズ准将(右端)と記念撮影を撮る10人の日本人キャンプ・シュワ消防署員、2021年4月2日、消防署内
伍長コースで学ぶ海兵隊員らがシーグラスビーチで、横一列に広がり、ビーチに流れ着いたペットボトルやプラスティック容器などの様々なゴミを拾い集めました。2021年3月25日、豊原区シーグラスビーチ
伍長コースで学ぶノースカロライナ州から赴任してきている海兵隊員がシーグラスビーチで拾い集めたゴミを分別:2021年3月25日、豊原区シーグラスビーチ
伍長コースで学ぶ海兵隊員らがシーグラスビーチで流れ着いたペットボトルやプラスティック容器などの様々なゴミを拾い集めました:2021年3月25日、豊原区シーグラスビーチ
伍長コースで学ぶ海兵隊員らがシーグラスビーチで流れ着いたペットボトルやプラスティック容器などの様々なゴミを拾い集めました:2021年3月25日、豊原区シーグラスビーチ
伍長コースで学ぶ海兵隊員らがシーグラスビーチに流れ着いたペットボトルやプラスティック容器などの様々なゴミを拾い集めました:2021年3月25日、豊原区シーグラスビーチ
御殿場市内にある野菜畑で3月14日、キャンプ富士の海兵隊員たちは玉ねぎの苗を一つ一つ手に取り、畑に小さな穴を掘って苗を手作業で丁寧に植えつけました。
御殿場市内にある野菜畑で3月14日、キャンプ富士の海兵隊員たちは玉ねぎの苗を一つ一つ手に取り、畑に小さな穴を掘って苗を手作業で丁寧に植えつけました。
御殿場市内にある野菜畑で3月14日、キャンプ富士の海兵隊員たちは玉ねぎの苗を一つ一つ手に取り、畑に小さな穴を掘って苗を手作業で丁寧に植えつけ、作業後にみんなで記念撮影
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者38人が少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者30人以上が集まり、少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者30人以上が集まり、少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。
普天間基地にある礼拝堂で3月16日、1年ぶりの英会話クラスが再開され、日米の参加者38人が少人数のグループに分かれ、英語や日本語での会話を楽しみました。