ホーム写真
Marines_MediaGallery
メレンデス上等兵が英文を読みながら中学生に確認をしています。伊江島補助飛行場の海兵隊員らが今年2月から、伊江村立伊江中学校を週に一度訪れ、英語の授業で生徒たちのサポートをしています。
伊江島補助飛行場の海兵隊員らが今年2月から、伊江村立伊江中学校を週に一度訪れ、英語の授業で生徒たちのサポートをしています。
メテルス伍長が中学生の英語の文章を手伝っています。伊江島補助飛行場の海兵隊員らが今年2月から、伊江村立伊江中学校を週に一度訪れ、英語の授業で生徒たちのサポートをしています。
リンチ上等兵が中学生が読む英文を聞き確認しています。伊江島補助飛行場の海兵隊員らが今年2月から、伊江村立伊江中学校を週に一度訪れ、英語の授業で生徒たちのサポートをしています。
アラード軍曹(左)と赤嶺美奈子教頭(中央)が生徒たちの文章を確認しています。伊江島補助飛行場の海兵隊員らが今年2月から、伊江村立伊江中学校を週に一度訪れ、英語の授業で生徒たちのサポートをしています。
アラハビーチでゴミを拾う海兵隊員。沖縄本島、中部の西海岸沿いに位置する北谷町のアラハビーチで、米海兵隊基地キャンプ・フォスターの独身隊員の会(日本の青年会のような自治会)のメンバーが中心となり、基地内に勤務する海兵隊員や海軍兵、その家族らがボランティアで清掃活動を行いました。
キャンプ富士を訪れている小学生とじゃれ合う基地司令官のマイケル・レイリー大佐。静岡県御殿場市にある国立中央青少年交流の家で地域の小学5・6年生を対象にしたイングリッシュ・キャンプが開催され、キャンプ富士の海兵隊員らが全面協力しました。
キャンプ富士の憲兵隊員が小学生にパトロールカーの装備の使い方を教えています。静岡県御殿場市にある国立中央青少年交流の家で地域の小学5・6年生を対象にしたイングリッシュ・キャンプが開催され、キャンプ富士の海兵隊員らが全面協力しました。
キャンプ富士の隊員と地域のボランティアと小学生が一緒に食事を食べ、カメラにポーズ。静岡県御殿場市にある国立中央青少年交流の家で地域の小学5・6年生を対象にしたイングリッシュ・キャンプが開催され、キャンプ富士の海兵隊員らが全面協力しました。
キャンプ富士の隊員、国立中央青少年交流の家の職員、地域のボランティア、そして参加している小学生が記念撮影にポーズ。静岡県御殿場市にある国立中央青少年交流の家で地域の小学5・6年生を対象にしたイングリッシュ・キャンプが開催され、キャンプ富士の海兵隊員らが全面協力しました。
キャンプ富士の爆発物処理班が使うロボットを観察する小学生。静岡県御殿場市にある国立中央青少年交流の家で地域の小学5・6年生を対象にしたイングリッシュ・キャンプが開催され、キャンプ富士の海兵隊員らが全面協力しました。
伊芸ビーチでのゴミ拾いに参加した児童が拾ったゴミをゴミ袋に入れるところ。アメリカ海兵隊員の家族の児童25人と6人の引率の大人が伊芸ビーチで清掃活動を行いました。
ひと仕事後にアイスキャンディーをほおばるアメリカの子どもたち。アメリカ海兵隊員の家族の児童25人と6人の引率の大人が伊芸ビーチで清掃活動を行いました。
いっぱいになったゴミ袋を担いで、集合場所に戻るアメリカの子どもたち。アメリカ海兵隊員の家族の児童25人と6人の引率の大人が伊芸ビーチで清掃活動を行いました。
岩国基地に勤務する女性隊員から採血中です。日米の赤十字社が米海兵隊岩国航空基地基地の記念礼拝堂で8月21日、献血を行いました。
高校生たちが海兵隊員と楽しく談話。沖縄県うるま市役所と海兵隊基地キャンプ・コートニーの交流事業の一環で、市内の高校生を対象にした夏季英語クラスが月曜日に始まり、基地内で行われるクラスで1週間を通して高校生たちのコミュニケーション能力の向上を図ります。
高校生たちが海兵隊員と楽しく談話。沖縄県うるま市役所と海兵隊基地キャンプ・コートニーの交流事業の一環で、市内の高校生を対象にした夏季英語クラスが月曜日に始まり、基地内で行われるクラスで1週間を通して高校生たちのコミュニケーション能力の向上を図ります。
沖縄県うるま市役所と米海兵隊基地キャンプ・コートニーの交流事業の一環で、市内の高校生を対象にした夏季英語クラスが8月19日に基地内で始まり、トーマス・レーリー基地ディレクター(左)、マシュー・ネーション基地司令官(中)、島袋俊夫うるま市長(右)も出席し、あいさつを述べました。
沖縄県うるま市役所と米海兵隊基地キャンプ・コートニーの交流事業の一環で、市内の高校生を対象にした夏季英語クラスが8月19日に基地内で始まり、トーマス・レーリー基地ディレクター(左)、マシュー・ネーション基地司令官(中)、島袋俊夫うるま市長(右)も出席し、参加者全員での集合写真。
高校生のための夏季英語クラスにボランティアで集まった海兵隊員を高校生たちに紹介。沖縄県うるま市役所と米海兵隊基地キャンプ・コートニーの交流事業の一環で、市内の高校生を対象にした夏季英語クラスが月曜日に始まり、基地内で行われるクラスで1週間を通して高校生たちのコミュニケーション能力の向上を図ります。