よくある質問

Q. 沖縄にある米海兵隊基地を見学したいのですが?

在日米海兵隊の施設は観光施設ではありませんので、基本的に見学はできませんが、学校関係者や公共的団体の場合は、メールで問い合わせてください。


Q. 沖縄にある米海兵隊基地でのフェスティバルに参加したいのですが?

予約は必要ありませんが、入場時に写真付き身分証明書(パスポートや免許証など)の提示が必要です。18歳未満の方は身分証明書を提示する必要はありませんが、保護者の同伴が義務付けられています。
入場条件はSOFAか日米いずれかの国籍を有する者に限られています。


Q. 沖縄にある米海兵隊基地で働きたいのですが?

沖縄の米海兵隊基地で日本人従業員として働くには、嘉手納町にある駐留軍等労働者労務管理機構(エルモ)に申し込み、基地内にある人事課を通して採用される必要があります。


Q. 沖縄の海兵隊基地で働く日本人従業員は何人いますか?

4949人の日本人従業員が沖縄の海兵隊基地で働いています。通訳、接客業、電気工、運転手など様々な業務を日本人従業員が担当しています。(平成31年2月末日現在)


Q. 海兵隊に入隊したいのですが?

海兵隊に入隊するには、アメリカ市民権もしくは永住権(俗に言うグリーンカード)を所有し、申請時にアメリカ国内に住んでいる必要があります。 海兵隊新兵募集サイト: www.marines.com


Q. 海兵隊に入隊した場合、どれくらいの英語力が必要ですか?

海兵隊に入隊した場合、同僚や上官との会話が不可欠なので、最低でも日常会話程度の英語力は必要です


Q. 海兵隊ってなんですか?

アメリカ海兵隊は、アメリカ海軍省に属するアメリカ合衆国の「即応部隊」です。
海兵隊は、自然災害や有事などの危機に即時対応するため特別に組織されていて、その任務範囲は幅広く、人道支援や災害救援から戦闘までと様々な任務が含まれています。http://www.japan.marines.mil/Units/


Q. 沖縄にいる海兵隊はどんな部隊ですか?

沖縄に駐留している海兵隊は、基本的に米海兵隊太平洋基地と第三海兵遠征軍の二つの主要部隊に分類できます。


Q. 米海兵隊太平洋基地の任務とは?

米海兵隊太平洋基地とは、沖縄にある全ての海兵隊基地と岩国基地、キャンプ富士、韓国ムジュク海兵隊基地、ハワイ海兵隊基地などの太平洋沿岸部にある全ての海兵隊基地で政策を実施し、日本、韓国、ハワイの海兵隊基地に指示、管理、サービスなどを提供しています。http://www.japan.marines.mil/MCIPAC/


Q. 第三海兵遠征軍の任務とは?

海兵隊には3つの主力部隊である遠征軍が存在していて、その中の一つである第三海兵遠征軍は、沖縄に司令部を置き、所属部隊は日本をはじめ、ハワイ、韓国、オーストラリアに配置されています。第三海兵遠征軍は太平洋地域でのアメリカ合衆国の前方展開「即応部隊」としての役目を果たしていて、世界中どこにでも部隊を派遣し、あらゆる軍事的任務を遂行することができます。http://www.japan.marines.mil/Units/IIIMEF/


Q. 第三海兵遠征軍の任務地域はどこですか?

第三海兵遠征軍はインド太平洋地域を任務地域とし、この範囲には36カ国、3200言語が存在し、35億人以上の人々が暮らしています。インド太平洋地域は地球表面の半分を占め、この地域は、地震や台風などの自然災害が非常に多く、第三海兵遠征軍がこの地域に駐留することは、要請を受けた際に人道支援や災害支援に対応するためのカギとなります。


Q. 第三海兵遠征軍はどのような組織で構成されていますか?

第三海兵遠征軍の主要隷下部隊は、第3海兵旅団、第3海兵師団、第1海兵航空団、第3海兵兵站群などで、それぞれ将官が指揮をとっています。第31海兵遠征部隊、第3海兵遠征軍情報群、ダーウィン展開部隊 (オーストラリアに派遣されている部隊) については、大佐が指揮をとっています。http://www.japan.marines.mil/Units/IIIMEF/


Q. 海兵隊基地から朝夕に聞こえてくる音楽はなぜですか?

在日米海兵隊では毎朝8時丁度に、日米両国歌が流れ、その間にアメリカと日本の国旗を掲げます。日没時には伝統的な軍ラッパで「タップス」が流れる中、国旗を降納します。


Q. 沖縄にいる海兵隊員はどこに住んでいるのですか?

基地内外に住むことができ、独身隊員は基本的に基地内にある兵舎に住み、階級によって二人で部屋を共有して生活します。既婚の隊員が基地内に住む場合、高層住宅や戸建て住宅で生活をします。

Q. 人道支援や災害支援活動に従事したことがありますか?

第三海兵遠征軍は2011年のトモダチ作戦(日本)、2013年のダマヤン作戦 (フィリピン)、2015年のネパール地震、2016年の熊本地震など、これまでも数多くの災害支援に従事してきました。第三海兵遠征軍は、要請があればすぐに同盟国の支援に向かう態勢を保っています。http://www.japan.marines.mil/ComRel/HADR/


Q. 海兵隊員の一日はどのようなものですか?

海兵隊員の大半は早朝5時半のフィジカル訓練 (PT) から一日をスタートします。有酸素運動と肉体強化を組み合わせたトレーニングで、年間を通して体力テストが課せられるほか、身長に応じて維持すべき体重基準があります。
“PT”の後は、朝食を摂って、午前7時半に出勤します。隊員の担当業務は多種多様な特技分野があり、午後4時半に終業し、土・日曜日は基本的に”自由時間”となっています。ただし全ての部隊は、常に“即応”できるよう、週7日態勢でいることが求められています。

Q. 海兵隊員はどうして訓練が必要なのですか?

海兵隊員として、想定される任務を果たすため必要な活動を想定して訓練は行われます。例えば、歩兵隊員は、任務を遂行するため少なくとも、地上ナビゲーション、射撃、部隊での移動、コミュニケーション、対人戦闘などを訓練し、さらには人命救助の技術も身につけなければなりません。


Q. 海兵隊には、どのような規則がありますか?

海兵隊員は日本や米国の法律、軍の規則を遵守しなければなりません。さらに海兵隊員は様々な安全規則、また任務外での行動に関する規則(リバティー制度)を守らなければいけません。

リバティー制度の例:ある地域や状況においては門限が定められ、同伴者が義務となる場合があります。また服装に関する規則も定められています。

さらに、”ナット・ワン・ドロップ(1滴たりとも)“というキャンペーンが沖縄全県で実施されていて、一滴でもお酒を飲めば、決して運転してはいけないと述べられていて、車両を運転する場合は、血中アルコール濃度は0.1mg/mL以下でなければいけないと定められています。


Q. もし海兵隊員が法を犯した場合、どうなりますか?

海兵隊員が法を犯した場合、特別な配慮を受けることはありません。犯した罪の内容や発生場所、またその被害者等によって日本または米国が司法権を持ちます。もし沖縄県側が捜査を主導する場合、海兵隊は当局に協力します。


Q. 沖縄で夜間飛行の音が聞こえました。午後10時以降の飛行は許可されているのですか?

海兵隊は、日米間で合意されたように、任務の準備または訓練の要件のため、遅い時間に飛行しなければならない場合があります。これは日米合意に反するものではありません。多様な訓練を通じて、パイロットと乗組員があらゆる事態のあらゆる時間帯に対応できる能力を維持しています。


Q. 航空機が海上を低空飛行しているのを見ましたが、何をしているのですか?

海兵隊は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の責務を遂行できるよう、あらゆる場面を想定して飛行訓練を行います。そのうちのひとつが捜索救助訓練を含む低空飛行であり、さらには、特別に訓練した海兵隊員がヘリコプターから海に飛び込むヘロキャストです。


Q. 予防着陸とはなんですか?

予防着陸とは、飛行を継続することは可能ながらも、空港またそれ以外の場所において、不測の事態に備えて計画的に行われる着陸を指します。予防着陸が必要となる条件は、天候の悪化、燃料不足、エンジンの不調(警告ランプ点灯)などです。

強制着陸は、ただちに空港やそれ以外の場所に着陸することです。これは飛行継続が困難となった場合に発生します。典型的な例は、エンジンの故障により、飛行機が降下せざるをえない場合などです。

予防着陸では、一般的にパイロットが着陸する場所を選んだり、進入の計画を立てる時間的余裕があるので、強制着陸より危険度が低いとされています。

Q. 自衛隊と一緒に訓練をしますか? なぜそれは重要なのですか?

日米同盟は世界で最も強固な同盟の一つです。私たちは日々、駐屯地または合同訓練などを通してこの強固な関係を磨き続けています。この同盟関係は非常に重要であり、日米両国が自然災害あるいは有事などの危機に直面した時に、素早く対応することができます。私たちは自衛隊とともに任務にあたり、訓練できることを誇りに思っています。

問い合わせ

このページに関する問い合わせは第三海兵遠征軍へお問い合わせください。電話:098-954-6008