第三海兵遠征軍

第三海兵遠征軍

第三海兵遠征軍


沖縄県うるま市にあるキャンプ・コートニーに司令部を置き、中将が指揮を執ります。

アメリカ太平洋軍に前方駐留・展開兵力を提供することで、平時活動や安全保障協力活動を行い、有事や緊急事態への対応を支援し、戦域および国家の戦略を支援する既存の作戦計画を迅速に遂行でき、どんな危機にも迅速に対応できる柔軟性があります。

第三海兵遠征軍は、第1海兵航空団、第3海兵師団、第3海兵兵站群、第3海兵遠征旅団、第31海兵遠征部隊から構成されており、最大19000人近くの海兵隊員と海軍兵が沖縄県内にある計10か所の基地と航空基地に駐留しています。

第三海兵遠征軍はまた、3200人以上が日本本州にある岩国航空基地(山口県)とキャンプ富士訓練センター(静岡県)に常駐し、ハワイ海兵隊基地には約5000人の隊員が駐留しています。

第三海兵遠征軍の隊員は、同盟国である日本、韓国、フィリピン、タイ、オーストラリア、ネパールを含むアジア太平洋地域で、2国間および多国間の合同訓練・演習に年間65回以上参加しています。

これらの演習によって、パートナー国の能力を構築し、強固な地域同盟と軍隊同士のつながりを形成・維持することが可能となり、大規模な戦闘作戦から人道支援・災害救援にいたるまで様々な作戦を行う態勢を整えることができます。

第三海兵遠征軍は、インド太平洋全域での人道支援および災害救援活動において重要な役割を担ってきました。

部隊指揮系統