キャンプ富士基地司令官

ロブ・ボウディシュ大佐

ロブ・ボウディシュ米海兵隊大佐

1991年 ライフル兵として海兵隊に入隊。

1996年12月、テキサスA&M大学歴史学科を卒業後、少尉に任官。

1998~2000年、第1海兵師団第1戦車大隊で小隊⾧および副中隊長として配属。

2000~2003年、情報士官に選任されダムネック海兵空陸機動部隊で情報士官コースを修了。第1海兵航空団の情報通信士官として配属。

2001~2002年、兵器戦術教官コースを修了後、アメリカ中央軍多国籍軍地上構成部隊の戦術プランナーとして配属され、不朽の自由作戦を支援。

2004年、遠征戦学校を卒業。

2004~2006年、第2海兵師団第2戦車大隊に配属、C中隊長および大隊の補給科として任務。

2004~2005年、ファルージャで戦車中隊を展開し、イラクの自由作戦を支援。

2006~2009年、北方統合任務部隊に情報通信士官として配属され、メキシコ・カナダ両国境に所在する連邦政府諸機関を多数支援。その後、米陸軍指揮幕僚大学を卒業し、ウェブスター大学国際関係専攻修士課程を修了。

2010~2013年、第2戦車副大隊長として配属。国際治安支援部隊 (ISAF) の統合司令部 CJ-5政策プランナーとして展開、その後ジプチの「アフリカの角」地域統合任務部隊 (CJTF-HOA) にて、 J-5ソマリアプランナーとして任務にあたる。帰国後、再び第2海兵師団にてG-3将来作戦士官として配属。

2013~2014年、シー・ベーシング統合師団 海兵隊戦闘展開部隊に配属。

2014~2016年、第2戦車大隊長に選任。

2017年、米海軍大学 国家安全保障戦略研究科修士課程を修了。

2017~2019年、マックスウェル空軍基地の空軍戦争大学教官として、統合部隊や政府関係機関および協定国における軍隊のシニアリーダー生の育成を支援。

2019~2020年、第3海兵遠征軍G-37に配属。

2020年6月、現職であるキャンプ富士諸職種共同訓練センター基地司令官として就任。


キャンプ富士