ホームニュース
ニュース検索
ニュース
キャンプ富士海兵隊が地元住民とボランティア

By Ike Hirayasu | U.S. Marine Corps Forces, Japan | July 19, 2019

SHARE

キャンプ富士に駐留する海兵隊の一行がボランティアで、足柄ふれあい公園沿いの鮎沢川周辺の清掃活動に参加しました。

隊員らは今月27日に行われるラフティングレース「おやまDEどんぶらこ」の会場となる川をきれいにすることで、地域への感謝の気持ちを示しました。

このレースは小山町で行われる富士山金太郎夏祭りの一環として行われる、自然とのふれあいを楽しむイベントです。

17人の海兵隊員が小山町のまつり実行委員会メンバーと一緒になり、川沿いの清掃活動に取り組みました。

宗教プログラムスペシャリストのウィスニッキー准尉は「川沿いの壁や階段は雑草でおおわれていました」と説明していました。

ボランティアたちは川沿いの壁や階段から生えている雑草を引き抜き、川岸に沿って歩きゴミを拾い集めました。

部隊牧師のネルソン大尉は「1台のバンに乗せた隊員たちが一方の川岸、もう一台のバンの隊員たちはその反対側の川岸で作業をしました」と述べていました。

ウィスニッキー准尉によると、こういった作業は地域コミュニティーとキャンプ富士に駐留する米軍との関係を構築するのに役立つと話していました。

ネルソン大尉は「地域の方たちは私たちの努力に大変感謝しているようで、隊員たちと地元の方たちの笑顔を見て、みんなボランティアを楽しんでいるんだなと感じました」と感想を述べていました。

キャンプ富士は日本の象徴でもある富士山のふもとに位置し、米軍に日本で最高の訓練施設を提供し、米軍と自衛隊との関係を強化し、米軍が緊急作戦に備えることの確認を提供します。


SHARE